就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

人事の裏側その2(企業側から見た転職応募者)

皆さん、こんにちは。
いつも、よし太郎のブログをご購読いただき
ありがとうございます。
 
 

大手企業人事のプロが模擬面接の提供を始めます 人事歴30年/現役最終面接官/就活で人生を好転したい人

 

 

本日は、【人事の裏側その2 企業側から見た転職応募者】

と題して、お話をさせて頂きます。
 
 応募者を書類選考する際、企業は、応募者を3つのカテゴリーに
層別し選考をしています。
 
 
一つ目は、即戦力となるキャリア組
 
 この人たちは、最先端技術の開発や専門的な知識の持ち主で
会社側がのどから手が出るぐらいほしい人材のこと。
 
 この人たちの採用は、通常ハンティング業者を中心に
人材紹介会社も合わせ採用活動を進めています。
 
 
ちなみに、このような人たちを採用するのに
企業は、ハンティング業者へ手付金200万
入社が決まれば、年収の35%~40%を払うことになります。
 
 
昨今では、人工知能開発者がその分野に当てはまります。
 

f:id:yoshitarousyukatu:20210503094745j:plain

 
2つ目は、その分野で即戦力(経験が3年以上)のキャリア組
 
・このような部類の人は、技術者、経理・人事などの専門性が高い
 人のこと。
 
 しかし、この新型コロナの影響や企業が事業再編している折
 他社からの新しい考えを持った人材は欲しいが、固定費削減を
 打ち出している中、採用を控えている企業が多い。
 
 このような人は、少し景気が戻れば、どこの企業からもオファーが
  かかる。
 慌てずに、時間をかけて転職先を探したい。
 
  このような人材は、人材紹介会社や会社の募集広告、ホームページから
 応募が見込める
 
 

f:id:yoshitarousyukatu:20210503094209j:plain

◆◇DMM FX◇◆ 口座開設キャンペーン!【最大200,000円キャッシュバック】 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H80GX+2Z6SY+1WP2+6C1VN

 
3つ目は、第二新卒である
 
 
 
会社に入社はしてみたものの、当初思っていた仕事内容とのギャップ
があり、転職を考えている人たち。
 
※入社3年目までを、第二新卒として扱う企業が多い
 
 
このような部類の人は、新卒の枠の中での採用か、
第二新卒を取り扱っている転職エージェントからの紹介で採用をする。
 
 
このように企業は、その時代に求める人材像を想定をし、
即戦力が必要か、それとも、3年程度時間をっけて育成し、戦力化していくか
は企業それぞれである。
 
                        就活秘書 よし太郎