就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

プログラミングの専門性が今後必要な理由(CODEGYM Monthlyとは)

f:id:yoshitarousyukatu:20210529043723j:plain

 

現在の社会環境を考えると、新型コロナウイルスの影響で、

今までの働き方が一変し、それに伴い、人工知能が猛スピードで

進化・導入が進められ、

 

企業は、今までの年功序列から成果主義や役割成果主義への変更など

今までとは違った働き方が求められる時代に突入しました。

 

 

そのような環境変化が激しい中、転職する上で考えなくてはいけない

ことは、今までの経験が出来るだけ活かせることができ、

 

世の中の環境変化を先読みし、今後どのような企業が成長していくのか

自分がいきいき働ける会社(職場)はどこか。

 

これから、自身は、どのような専門性を磨き、新たに身に着け、

将来にわたり、何で勝負していくのかを考えなければなりません。

 

 

この時代、いくら大きな企業へ転職したとしても

10年後先に倒産していたり、何も専門性が身についていなければ

これからの時代、勝ち残っていくことは難しいでしょう。

 

世界の環境変化を踏まえ、どのような企業が発展していくのか、

どのような業種が将来性があるのか、などを踏まえ

考えていく必要があります。

 

 

あの世界NO1のトヨタ自動車豊田章男社長ですら、

社員全員の雇用を守ることは難しいと発言している時代なのです。

 

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210606142104j:plain

 

 

【目次】

 

1.転職先の選び方

2.転職があたりまえの時代

3.転職を進めるにあたり考えるべきファクター

4.転職を成功させるヒント

5.CODEGYM Monthly|コーチング主体のプログラミングスクール入校のすすめ

 

 

【プログラミングの専門性が今後必要な理由】

 

 

1.転職先の選び方

 

これからの時代、人工知能(AI)の進化により、ここ数年で企業が

大変革を起こすことが予想されるため、

 

人が持つ(機械が持ちえない)3つの強みが磨ける

会社(日本企業・外資企業)へ転職することが重要。

 

3つとは

 

①クリエイトビューティー(デザインする力)

・課題の特定に至る枠組みや新しいコンセプトをデザインすること。

 

②リーダーシップ/マネージメント

・人々をある目的に導き、目標達成のための意識づけ、人を動かすこと。

 

③ホスピタリティー/課題解決

・人が感じる潜在的・顕在的な課題と向き合い、自分ごととして

不便、不満などを解決・解消する働き方。

 

 

 

「なくなる職業」

 

オックスフォード大学の論文で示された「あと10年でなくなる職業」

では、正確性を要求される、単純作業、マニュアル化しやすい・システム化

することで計算・算出できる職業は、なくなる可能性が高いと言われています。

 

また、過去の判例を持ってくるなど、訴訟に関連して情報を抽出する

ことは、人工知能は得意であり、働く人々に影響を与えるであろう。

 

「なくなる職業 例」
・銀行融資担当者 ・オペレーター(電話・工場作業員含む)・受付業務 
・人事、経理業務(事務作業員).・データー入力 ・通訳 
・保険の審査 ・レストラン案内 ・簿記、会計、監査の事務員 
・眼鏡、コンタクトレンズ技術者 ・訪問販売員、路上販売など多数

 

 

 

「発生する職業」

 

人工知能(AI)が進化、浸透していく中で様々な課題、ニーズが出てきます。
飛行機が出来たときに、パイロット、整備士、税関、客室乗務員、管制官など
が生まれたように、近いポジションや役割が生まれる。

 

そうしたポジションがこの先どのようなものがあるか、
5つをピックアップしてみた。企業選びの参考にして頂きたい。

 

「発生する、増加する職業 例」

・企業アドバイザー 

・企業文化のエキスパート(最良の人材確保) 

・効率化のエキスパート・輸送アナリスト(自動運転に伴う輸送効率化) 
・マインドインストラクチャー(時代の変化が激しい中、心身の健康をサポート)

 

 

 

 【転職先企業の選び方のまとめ】

 

・時代の流れを読み、流れにのること

 ヒント:人工知能(AI)時代が到来して伸びる会社の選択

     ※コロナウイルスが事業の流れを大きく変えていることを

      考慮する必要あり

 

 

・今までのキャリアが生かせ、AI(人工知能)には真似できない

 さらに成長できそうな会社はどこかを選択すること

 ※自分で継続できそうな専門性は?

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210508080811p:plain

 

 

2.転職があたりまえの時代が到来

 

先ほども冒頭に述べたように、企業は、もはや終身雇用、年功序列

の人事制度は、もはや過去の遺物になりつつあります。

 

今からの時代は、自分でキャリアを磨き、その専門性や得意のものを

企業に販売していく時代に突入してきていることは、皆さんも

うすうす気が付かれていることでしょう。

 

そこで、少し転職市場のことについてお話をします。

 

ある転職データによると、

6割以上の人が「転職活動経験者」で、その中で、実際に転職した人が

53%、転職活動はしたが転職はしていないが13%というデータも

あります。

 

かなりの方が転職に対し前向きになっていることこの数字でわかります。

 

 

3.転職を進めるにあたり考えるべきファクター

 

今の20代の会社員は、本当にたくさんの転職先の選択が用意され、

 

結果、何を仕事に選んだらよいのかわからないという若者が激増しています。

 

そして、転職したけどうまくなじめず、不幸な転職で苦しむ人を数多く

見てきています。

 

その多くは、20代後半、下手をすると30代に入ってから

突然、今までの経験と全く違う仕事を始めた方に多く見う受けられます。

 

 

このような人たちは、「自分は何の仕事がしたいかわからない

でも、今の仕事では幸せになれる気がしない」

と考える人たちです。

 

なぜ、20代後半、勤続8年以上も過ぎてこのような悩みが出てくる

のでしょうか。

 

それは、日本の社会そのものに原因があります。

 

 

今まで私たちは、良い大学に入り、大きな会社に行くことを

目標に育てられました。

 

そして、終身雇用のもと、年功序列で昇格をし、大学を出ていれば

ほとんどのメンバーが管理職に、昇進ができ、まずまずの暮らしが

出来てきたからです。

 

 

だから、いざ転職を考えたとき「自分のやりたい仕事が」

わからないのです。

 

 

私自身も、そういう教育を受けて育った一人です。

大学を卒業し、大手企業で務めた父親のもと何不自由なく育ち、

 

 

私も、有名な大学に入学し、大企業に就職しました。

完全にひかれたレール乗った人生です。

 

 

 

ところが、突然会社へ行くのがいやになり、

毎日が仕事をしていても楽しくない。

 

 

毎日がつらくて仕方がない。

幸せじゃないと考えたとき

 

 

「自分はどんな仕事についたら幸せになれるのか」

ということになるのです。

 

 

 では、ハッピーに働くにはどうしたらいいのでしょうか

 

答えは、仕事を決める4つのファクターに自分を当てはめ

分析をしてみて下さい。

 

難しそうに言いましたが、簡単なことです。

 

 

・収入

・時間

・やりがい

・会社での人間関係

 

この4つです。

 

1個ぐらい50点があっても、他が80点ならやめたいと思う人は

ほとんどいません。

 

 

もしこの4つの点数が平均60点以下なら、まだまだ、自身のキャリアが

磨かれてなく、専門性が磨くことが出来る環境の職場ではないので、

すぐにでも転職をお勧めします。

 

 

逆い言えば、ここの点数が高い人ほど、キャリアが高いという

ことになります。

 

 

いろいろな会社から「うちの会社にきてくれない」と言われる

いわれるようなキャリアなのです。

 

 

ここで、言いたいことは、給与より好きな仕事を優先して

転職をして頂きたいということです。

 

 

将来の展望を考えず、現在の給与だけをみて浅はかな転職をしてしまう

人を沢山みてきていますが、

 

 

やはり3年程度で、転職を繰り返し、最後は何も身についてない

転職者たちが多く存在しています。

 

 

そのようにならないためにも、4つのファクターに対し

現在の仕事、転職先の仕事を双方から分析をし、

 

 

一番幸せにねれる道筋を見つけて頂くことをお勧めします。

 

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210613162003p:plain

 

4.転職を成功させるヒント

 

 

私の一番のお勧めは、自身の得意分野が生かせる、または

これからの時代、事務職でも、AI(人工知能)と一緒に仕事をするうえで、

基本となるプログラミング知識の有無で、かなりの格差が出てくる

時代が目の前まで来ています。

 

先取りして、知識を身に着けることで、この先かなり有利に企業戦線を

戦うことが出来るようになるでしょう。

 

そこで、皆さまにお願いしたいことは、自身のキャリアは、その時代の先を

読んで、自身で専門性を高めるということです。

 

具体的には

・時代の先を読んで、どのような専門性をたかめていくか考えること

・これからの時代の流れは、AI(人工知能)がつくりだす。

・その波に乗るには、事務職でも簡単なプログラミングの知識が必要

・その知識がないと、これからの時代取り残される。

 

 

 5.コーチング主体のプログラミングスクール入校のすすめ

  (CODEGYM Monthly)

 

 CODEGYM Monthlyは、従来のプログラミングスクールとは異なり

 目標設定を個人ごとに行い、その課題を解決に特化したプログラミング

 サービスになります。

 

 「ブログ運営でSEOを理解するためにプログラミングの基礎をまなびたい」

「営業職だけどプログラミングの知識を学んで、成果をあげたい」「会社で他の

 メンバーに差をつけるためにプログラミングを学びたい」「就活で有利になる

 ためにプログラミングを学びたい」「子供と一緒に、この機会にプログラミング

 を学びたい」など多種多様に学ぶことができるスクールがCODEGYM Monthly

 なのです。

 

「特徴として」

・実績のある現役エンジニアが、目標達成の専属コーチになる

・専属コーチが目標達成に必要なプロセスをトータルコーディネイト

・あなたの目標に合わせて個別最適されたカリキュラム(集団ではない)

※専属コーチが学習計画、教材選定、学習方法、進捗管理まで行い、目標達成

 までをサポートしてくれます。

 

このような形式のプログラミングスクールは日本では初めてで、

それぞれの目的に合わせ、プログラミングを学ぶことができるのです。

 

このようなスクールで、プログラミングを学んでみませんか。