就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

CODEGYM ISAエンジニア養成校(出世払い)への入校のすすめ

f:id:yoshitarousyukatu:20210506172530j:plain

 

1.はじめに

 

現在の社会環境を考えると、AI(人工知能)が急速なスピードで進化し、

新型コロナウイルスの影響を受け、今までの働き方が一変し、

それに伴う人事制度の変更(成果主義)など、

今までとは違った働き方が求められる時代に入りました。

 

 

そのような環境変化が激しい中、 就職を考えるうえで大切なことは、

どこの企業で働くかではなく、世界の情勢を先読みしたうえで、

今後、どの分野(企業)が成長していくのか、

 

自分がいきいきと働くことができる会社は どこかが重要であり、

いくら大企業に入社しても、 10年後には会社が倒産していたり、

10年間働いても何も専門性が身についていなければ、

これからの時代、生きていくことは難しい時代になってきています。

 

 

2.企業選びの考え方

 

企業を選ぶにあたり、世界や日本が今後、どう変化ししていくかを先読みし、
入社したい会社が時代の流れに沿っているかを検証し、
企業の将来性を自分なりに見極め、就職先を選ぶことは大切。

 

なぜなら、人工知能の発展や新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく
変化する中、成長しできる企業は限られてくるからである。
10年後先、皆さんに、幸せになって頂きたいから。

 

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210506172419j:plain

 

3.企業選びの方向性

 

【自身の強みが磨ける会社を選ぶこと】

 

人工知能(AI)の進化、コロナの影響により、この数年で企業のありかたや
働き方に大変革が起こる、いや、すでに起こってきている。

特に、人工知能(AI)と共存できるよう人が持つ(機械が持ちえない)
3つの強みが磨ける会社に入社できると自身の専門性を高め、成長できる。



 

3つとは

①クリエイトビューティー(デザインする力)

:課題の特定に至る仕組みや新しいコンセプトをデザインすること。

②リーダーシップ/マネージメント

:人々をある目的に導き、目標達成のため意識付け、人を動かすこと。

 

③ホスピタリティー/課題解決

:人が感じる潜在能力、顕在的な課題と向き合い、 自分ごととして、

 不便、不満などを解決・解消する働き方。

 

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210506142532j:plain

 

4.今後なくなる職業・発生する職業

 

【なくなる職業】

オックスフォード大学で論文で示された「あと10年でなくなる職業」では、

正確性を要求される、単純作業・マニュアル化しやすい、システム化することで、

計算・算出できる職業はなくなる可能性が高いとしている。

 

また、過去の判例を持ってくるなど、訴訟に関連した情報を抽出することは、

人工知能は得意であり、働く人たちに影響を及ぼすであろう。

 

 

「なくなる職業 例」・銀行融資担当者 ・オペレーター(電話・工場作業員含む)

・受付業務 ・人事、経理業務(事務作業員).・データー入力 ・通訳 

・保険の審査 ・レストラン案内 ・簿記、会計、監査の事務員 

・眼鏡、コンタクトレンズ技術者 ・訪問販売員、路上販売など多数

 

 

【発生する職業】

 

人工知能(AI)が進化、浸透していく中で様々な課題、ニーズが出てきます。

飛行機が出来たときに、パイロット、整備士、税関、客室乗務員、管制官などが

生まれたように、近いポジションや役割が生まれる。

 

そうしたポジションがこの先どのようなものがあるか、

5つをピックアップしてみた。企業選びの参考にして頂きたい。

 

 

「発生する、増加する職業 例」

 

・企業アドバイザー ・企業文化のエキスパート(最良の人材確保) 

・効率化のエキスパート ・輸送アナリスト(自動運転に伴う輸送効率化) 

・マインドインストラクチャー(時代の変化が激しい中、心身の健康をサポート)

 

 

5.今後必要になってくること

 

 

①時代の流れを読み、流れにのること。

ヒント:人工知能(AI)時代が目の前まで来ている。新型コロナウイルスによる

    働き方が大きく変化してきている。

 

人工知能(AI)に関する知識を最低限保有し、自分の専門性を磨ける会社は 

 どこかを考えること。

 (若いうちなら専門性はまだ身に着けられる)

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210506145125j:plain

 

6.私からの提案

 

 AI(人工知能)に対応できる専門知識取得のススメ

その中でも、CODEGYM ISAエンジニア養成校への入校をおすすめします。

( 自分の限界を試す。入校期間:6か月間))

 

 

なぜなら、CODEGYM ISAエンジニア養成校は、日本で初めて「出世払い」の

仕組みを取り入れた養成校で、

【ソフトウェア開発工学の基礎から、スクラム概論まで】

学ぶことができ、これからの社会人として必要な専門知識が

多く学ぶことができるからです。

 

言い換えると、CODEGYM ISAエンジニア養成校は、ただ、就職を成功させる

だけではなく、「ソフト・エンジニアとして、業界の中で活躍する」

人材育成を目的に設立されているからです。

【CODEGYM ISAエンジニア養成校の特徴】

 

・日本で初めて「出世払い」契約を採用

 

※ 皆さんがカリキュラムを完了し、ソフトウエア・エンジニアとしての

 就職を実現、初任給が振り込まれる翌日まで、学費の支払いはありません。

 

 

・学歴や環境に制限されない

 

※学歴、家庭環境、住んでいる地域によらず、応募から就職活動まで全て

 オンラインによるサポートを実施します。

 日本国内で就労可能な満16歳~34歳の方が、サインアップできます。

 (30歳~34歳の方は、入校に所定の条件あり)

 

 

・1200時間の本格的なカリキュラム


コンピュータサイエンスの基礎知識から、フロントエンド技術、
 WEBアプリケーションのAPI開発フレームワーク活用、
 セキュリティーAWSクラウド環境のハンズオンLINUXサーバー、
 そして全国オンライン受講生同士のチーム開発がカリキュラムに含まれます。

 

 これからの時代を生き残るためには、AI(人工知能)に対応できる
 専門性を身に着けることが必須となる時代が訪れます。