就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

変化に富んだ人がこれからの人事を支える

f:id:yoshitarousyukatu:20210320092335j:plain

今の時代、大企業であればあるほど、この時代の流れに

ついていくことは難しい。

 

なぜなら、大企業のベテラン社員は、理論的で経験も豊富ですが

 

きっとできないであろう。

 

おれがやらなくても。

 

とロジカル的にやらない理論を並び立てる傾向にあり

 

会社の旗振り役を務めているベンチャー企業のほうが、大企業よりも

優れていると思います。

 

 

変化をすることを、日ごろの仕事に取り組んでいくには、

変化を楽しむ姿勢と、成長を感じさせる満足感が必要となります。

 

 

そのためには、今までの年功序列制度から新しい制度、若い社員の

モチベーションが上がる制度への移行が必要不可欠になります

 

 

ただ、今までのベテラン社員が不要と言っているわけではありません。

 

 

ベテラン社員と若手社員が切磋琢磨できる制度にすればいいだけです。

 

それが、成果主義なのか、役割成果なのか、答えはありませんが、

ただ言えることは、それぞれの企業風土に合った人事制度を導入しないと

 

運用がうまくついていけなくなります。

 

私の近くの人事メンバーを見ると、人事畑を歩んできた社員が多く

多機能を経験したことのない者もたくさんいます。

 

 

この逆風の時代を乗り切るには、今まで他部門を経験したことのない

人材が、この変化を乗り切るための、柔軟で、変化に強い組織を

つくれるわけがありません。

 

 

これからの人事は、国内外でさまざまな経験を積んだものが

人事の柱となり、会社を柔軟かつ大胆に変化をさせないと

成長はできないし、企業そのものが生き残れなくなります。

 

 

   就活秘書 よし太郎