就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

チャレンジしてる企業には良い人材が集まる

f:id:yoshitarousyukatu:20210323001504j:plain

 

 

いつもご購読いただき、ありがとうございます。

 

「チャレンジする企業には、優秀な人材が集まる」という

題で本日は進めさせて頂きます。

 

 

チャレンジしていない企業、世の中に貢献していない企業は、

基本社員が自ら考え、行動できてない企業が多いと思います。

 

自分で考える仕事が少ない会社は、変化を嫌い、

「いままでのままでいい、むしろ考えない仕事がいい」という人しか、

集まってこないからです。

 

このよな環境下で、転職が同然となってきた今、

新しいことにチャレンジしたいとか、もっと変化にとんだ、

面白い企画がしたいと思う社員は、定着しないし、入社してきません。

 

居残る人材は、そこそこブランドもあるし、仕事もそれなりだし、

という人しか残らなくなります。

 

自動車で世界1位のトヨタ自動車を思い出して下さい。

 

なぜトヨタが1位なのか、

それは、社員一人ひとりが、常に改善というテーマを掲げ

QCサークルのもと、現場の人たちが、その改善をする習慣を身につけ、

代々、後輩に受け継いできたという伝統があるからこそ

高品質で、コストの良い製品が生まれ、世界のトップシェアを取れたのです。

 

そのトヨタでさえ、社員の雇用を守ることは、今後、難しいと、豊田社長が発言

しています。

 

その要因は、電気自動車へ移り変わることによる部品点数の激減(従来の5分の1)

そして、もう一つは、ルーチンワークと言われる仕事が、

人工知能(AI)にとって代わられ、

人が行う仕事は、新規の企画ものや、リーダーとして全体をまとめる役割、

そして、人工知能を扱える技術者しか残らないことの大きくは2つになります。

 

このような時代、皆さんは、生き残るためにも、常に新しい情報を得て、

新たな発想を持ち、企画や提案をし続けなければ生き残れない時代なのです。

 

そのためにも、自身のアンテナを高くし、周りに大きな網を広げ、

問題意識を持ち、仕事に取り組むことが大変重要になってきます。

 

皆さんも常にチャレンジ精神をもって、人工知能に負けない

気構えで頑張りましょう。

 

   今日は1日お疲れ様でした。

 

              

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村