就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

大リストラ時代を生き抜く

f:id:yoshitarousyukatu:20210410031209j:plain

 

みなさん、こんばんは

いつも、よし太郎ブログをお読みいただき

ありがとうございます。

 

本日は、「大リストラ時代にどう備える」と題して

お送りさせて頂きます。

 

自己紹介

 

大手企業 人事歴30年の現役会社員です。

 

現在の社会環境をみると、新型コロナウイルスの影響や

人工知能の急速な進化により、今までの働き方が一変し

 

それに伴う人事制度の変更(成果主義)や事業再編による

組織の縮小など、今までの考え方では通用しない

時代に入りました。

 

そのような環境下でも、国の融資などで、ぎりぎり経営を

持ちこたえてきた企業も、融資打ち切りにより

今でも過去最高の倒産・自主廃業・リストラなのに

この秋口には、もっとの企業が倒産をし、リストラされる

ことが予想されています。

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210323001546j:plain

 

唯一、日本で開催のオリンピックも景気回復の材料にも

なりそうにはありませんし、逆に大きな負債として

我々国民にのしかかてくることは予想がされます。

 

今、会社勤めで働いている皆さんの中には、

自分の会社は大手企業だから大丈夫なんて

思っておられる方も多いと思います。

 

しかし、大手企業の経営者は、胃に穴があく思いで

日々をすごしているのです。

 

確かに大手企業は、内部留保もあるし、

含み資産もあることから、この状況が続いても

大丈夫かもしれません。

 

しかし、大企業であればあるほど、固定費が経営にのしかかる

負担も大きく、経営人は、人件費を削るため、いろいろな

対策を打ちかけているのです。

 

リストラまでも行かなくても、企業同士を統合し、事業再編

という名目のもと、会社を一つにし、余人のあぶり出しを行ったり

 

企業間出向で、人を他企業へ出向させ、1年後には転籍の要請をするなど

様々な方法で、私たち社員にのしかかて来ています。

 

きっと皆さんは、まだご存じないかと思います。

この5月連休明けから、かなりの企業で表面化してくることでしょう

 

特に、日本の主要産業の自動車は、電気自動車への移行という

時期でもあり、電気自動車になれば、部品点数が、今までの自動車の

5分の1ですみ、あとの5分4はなくなるわけです。

 

そのような変革期に、大手自動者会社はどのような方策をとるかは

目に見えてお分かりかと思います。

 

このような時代は、自身が生き残るため、事前の心構えと

準備をしておく必要があります。

 

日本国民全員で一丸となり、よりよい生活が送れるよう

頑張りましょう。

 

 

私のおすすめを2記事記載(生き抜く準備)。

www.yoshitaro.net

 

www.yoshitaro.net

 

            よし太郎