就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

人事の裏側その2(企業側からみた転職 応募者)

f:id:yoshitarousyukatu:20210410032252j:plain

 

皆さん、こんにちは。

いつも、よし太郎のブログをご購読いただき

ありがとうございます。

 

本日は、【人事の裏側その2 企業側から見た転職応募者】

と題して、お話をさせて頂きます。

 

企業側から見ると、転職者を3部類に層別をしています。

 

一つ目は、即戦力となるキャリア組

 

この人たちは、最先端技術の開発や専門的な知識の持ち主で

会社側がのどから手が出るぐらいほしい人材のこと

 

この人たちの採用は、通常ハンティング業者を中心に

人材紹介会社も合わせ採用活動を進める

 

ちなみに、このような人たちを採用するのに

企業側は、ハンティング業者へ手付金200万

入社が決まれば、年収の35%~40%を払うことになります。

 

今のニーズでは、人工知能開発者がその分野に当てはまります。

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210410031314j:plain


 

 

2つ目は、その分野で即戦力(経験が3年以上)のキャリア組

 

・このような部類の人は、技術者、経理・人事などの専門性が高い

 人のこと。

 

 しかし、この新型コロナの影響や事業を再編している中

 企業は、他社からの新しい考えを持った人材は欲しいが、固定費

 削減を打ち出している中、採用を控えている企業が多い。

 

 できれば、いま、慌てて転職活動をすすめると、いままでより

 年収を下げる可能性が高い。

 

 

 このような人たちは、人材紹介会社もしくは、自社ホームページ

 からの応募で対応している。

 

3つ目は、第二新卒である

 

会社に入社はしてみたものの、当初思っていた仕事内容とのギャップ

があり、転職を考えている人たち。

※入社3年目までを、第二新卒として扱う企業が多い

 

このような部類の人は、新卒の枠の中での採用か、第二新卒を得意としている

転職エージェントからの紹介で採用をする。

 

 おすすめの第二新卒転職エージェント

 

 

キャリア組がその企業社員の話が聞ける

プラットホーム(無料登録)も併用すると

企業とのアンマッチ防止につながります

  私の一番おすすめ

     ⇓

 

ご購読ありがとうございました

 

     就活秘書 よし太郎