就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

インターンシップに合格することが、内定の早道

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

皆さんこんにちは、就活秘書 よし太郎です。

いつもブログをご購読いただき、ありがとうございます。

本日は、22年・23年卒の新卒の学生の皆さまのために、

インターンシップについて】、取り上げさせて頂きます。

 

1.インターンシップとは

 

インターンシップでは、学生が企業で実際に働き、

就職する前にどのような業界や業種があるかを経験・体験し、

方向性を決めることが主な目的で行っている。

一方で、インターンシップを受け入れる企業は、

優秀な人材を他社より早くむ極める手段として使い、

採用に結びつけている企業が8割以上と言われています。

 

インターンシップ内容】

2通りのインターンシップがあります。

 

①1Dayインターンシップ:業界説明、会社説明・見学を1日で行う

 

②長期インターンシップ:社員と同じように業務を行い、

プロジェクトに参加し、成果を出していく。社員と同じ働き方が経験できる。

 

2.インターンシップに入る前に

 

インターンシップに参加することで何が得られるか、

自分が何を得たいかを考えておく必要があります。

 

例えば、志望の業界や企業が決まっていないのであれば、多くの知識をつけるため、

短いインターンシップに参加するのが良い。

また、長期のインターンシップは、自身の志望している業界や企業の働き方や

社内の雰囲気、社員の人間性を確認でき、企業とのアンマッチの確立を

減らすことが出来ます。

企業側は、長期インターンシップに参加した学生で、パフォーマンスの高い学生を、

インターン終了後もOB等がフォローし、早期採用に結び付けている。

 

3.インターンシップの探し方

 

インターンシップの探し方】

 

①企業のホームページ、説明会

②学校のキャリアセンター、インターンシップ紹介専門サイト

③先輩や友人からの紹介

 

インターンシップの探し方具体的内容

 

①【企業のホームページ・説明会】

・興味がある業界がすでに決まっている場合は、企業のホームページや

 説明会に参加するのがおすすめ。

 

メリット

・気になる企業の情報を直接入手できる。・質疑応答で疑問がすぐに解決できる。

・企業や社員の雰囲気を知ることができる。

 

デメリット

・検討できる企業が少なくなる。 ・少人数のインターンシップ募集だと

    開始情報が入手しにくい。

 

【学校のキャリアセンターやインターンシップ紹介専門サイト】

 

・学校のキャリアセンターや紹介センター、就職活動専門サイトは、

   情報量が多く求人だけではなく、面接やエントリーシートの指導も受けられます。

    情報収集のためにも必ず活用してください。

 

メリット

・情報量が多く効率的

・複数の企業を比較検討しやすい

・先輩の就職先が明確で、情報が取りやすい

 

ディメリット

・情報量が多いため、条件を決めることが重要

・学校によって情報量やインターンシップへの力の入れ具合が異なる

 

③【先輩や友人からの紹介】

 

すでに就職している先輩や、インターンシップ先が決まっている友人

から紹介してもらうのも一つの手です。

 

メリット

・実際の経験者の生の声が聞ける

・ネットでは知ることのできない情報が得られる

・知り合いがすでに働いている安心感がある

 

ディメリット

・企業の印象が主幹になりがち

 

以上が、インターンシップの探し方について述べさせてもらったが

皆さんに、この新型コロナの就職が厳しい時代には、何がなんでも

内定を取るという強い心と、行動力が重要になる。

 

そのことを、企業の面接官はしっかり見ています。

 

                就活秘書 よし太郎

 

22卒・23卒は皆さん登録してます。

    

 </p広告