就活秘書 よし太郎ブログ

人事歴30年のプロ 新卒・キャリア就活 あなたの希望会社へ入社させます

ポケトークを持って海外一人旅(ソーネクストという会社)

 

 今日は、ポケトークを持って海外旅行(タイ)

一人旅の想いでをブログに書かせて頂きました。

 

 

 実は、趣味の一つに海外旅行があるんです。

 

 英語は少しはできるのですが、

 アジアにいくとなかなか、英語が通じない場所も多い

 

 その時、ポケトークドン・キホーテで見つけたんです。

 見本が置いてあって、日本語で話しかけてみました。

 

 そしたら、普通に英語でしゃべってくれるんです。

それも、私より流暢に。

 

これには、びっくりしました。

 

そして、よく見ると80か国以上の言葉を訳してくれんです。

 

これって、3万円で1年間通訳をつけるのと同じですよね。

 

これがAIの進化かと実感し、衝動買いをしたんです。

 

そして、タイへ一人で3泊で遊びに行ってきました。

往復で使用した飛行機は、タイの格安航空機

確か、往復で2万円のチケット

 

ドンムアン空港到着

 

ポケトークが役立ったこと

 

ドンムアン空港からタクシーでホテルに向かう時

 運転手さん英語が出来ない。(タイ語でポケトーク

 

・ホテルのチェックインも使ってみました(好評でした)

 

・地元レストランでの注文(タイ語しかわかりません

 

・地下鉄の乗り方がわからず聞いた時

 

・観光スポットでチケットを買う時

 

・お土産をの値段交渉(これは大いに役立ちます)

 

・帰りのタクシー(ほんとタイ語しかわかりませんでした)

 

など大いに役立ちました。

 

このポケトークがあることで、本当に心強かった

海外一人旅が、言葉の心配なしで実現できる優れものです。

 

今は、コロナで海外に行けないので

語学の勉強や、海外の人たちとチャットで会話する時の

翻訳手段として活用してます。

 


www.youtube.com

 

 

このポケトークを開発したソーネクストてどんな会社だろう

と思い、ホームページを見ると、OA機器全般を扱っている会社

売り上げNO1のすごい会社なんです。

 

 

そして値段も安く、評判もいい

 

そんな理由もあり

 

このポケトークが縁で、ソーネクストの株も

購入してしまいました。

 

しかし、これはコロナが発生してしまい、大幅に値段を下げました。

残念。

 

でも、でも、この会社他にも多数の在宅勤務で楽しめそうな

OA機器関係沢山あるので、現在も取引をしています。

 

OA機器ファンには欠かせない一社です。

 

 

 

 

【 株式会社B&V 】

■会社名

株式会社B&V

■本社所在地

東京都練馬区向山4丁目1番1号

■詳細

http://karaokekan.jp/

■導入店舗

計75店舗

コロナ時代、強くなる組織とは

f:id:yoshitarousyukatu:20210502003315j:plain

 

さん、おはようございます。

いつも、よし太郎のブログをご購読いただき

ありがとうございます。

 

本日は、【強くなる組織とは】と題して、お話をさせて頂きます。

 

 

今の時代、大きな企業であればあるほど、

この変革についていくことは難しい。

 

 

なせなら。大企業のベテラン社員は、理論的で経験も豊富ですが、

きっとできないだろう、おれがやらなくても。

とロジカル的にやらない理論を並びたてる傾向にあります。

 

会社のトップが、旗ふり役を務めている、ベンチャー企業のほうが

大企業よりも、その辺は、優れていると思います。

 

なぜなら、日ごろから新しい、変化のある仕事をやりきらないと

その会社はすぐに倒産してしまうからです。

 

 

変化をすることを、日ごろの仕事に取り入れるためには

変化を楽しむ姿勢と成長を感じさせる満足感が必要となります。

 

 

そのためには、今までの年功序列制度から成果主義もしくは、

役割成果への人事制度の移行が不可欠になります。

 

 

そうでないと、いくら頑張って、成果をだしても

ほとんど給料は上がらず、年齢がこないと昇格すら

できないからです。

 

そして、大企業にしろ、ベンチャー企業にしろ

大切なことは、

 

 

今まで以上に、個人力が重視される時代になった

ということである。

 

そして、この時代で一番大切な役割は、

自ら旗をかかげ、何事にも動じず、時として強固に

そして、柔軟に対応できるリーダーの存在である。

 

今後成長する企業は、いかに優秀なリーダーを育てるか

にかかってくると言っても過言ではない。

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210502003351j:plain

 

仕事というものは、「3年で物事が見えてきて、30歳で一人前になり

35歳で勝負が決まる」

と私は考えている。

 

入社して3年目までは、人生や仕事について最も学ぶことが

多い時期で、若いからこそ、やる仕事、出会う人、読む本

そして成功や失敗の一つひとつが新鮮で、全てのことが

頭の中に入りやすい時期でもあります。

 

30歳ともなれば、相当大きな仕事ができるようになります。

そして35歳になれば、会社にもよりますが、部長クラスの

仕事が出来るようになります。

 

ただ、日本の企業は、まだまだ年功序列の人事制度が残って

いますので、35歳時点では、見た目はあまり差がついているようには

見えません。

 

35歳ともなると、その人の人生観、仕事のやり方、子コミュニケーション

のやり方など、ほぼ固まってきます。

 

そして、この年代で、その人が一生かけて到達する地点は、

その方向性の延長線上にあると言っていいでしょう。

 

つまりは、このような様々な立場の人たちに元気を与え、

方向性を示し、気力を充実させ、アウトプットを最大化

することを使命にしているのが、リーダーなのです。

 

 

特にこのような変化の激しい時代こそ、

先頭に立って、旗を振ることができるリーダーの存在が

いるか否かで、企業の進展に大きく差がつくことでしょう。

 

     就活秘書、よし太郎

 

 

 

自由テキスト

 

 

 

変化に富んだ人がこれからの人事を支える

f:id:yoshitarousyukatu:20210320092335j:plain

今の時代、大企業であればあるほど、この時代の流れに

ついていくことは難しい。

 

なぜなら、大企業のベテラン社員は、理論的で経験も豊富ですが

 

きっとできないであろう。

 

おれがやらなくても。

 

とロジカル的にやらない理論を並び立てる傾向にあり

 

会社の旗振り役を務めているベンチャー企業のほうが、大企業よりも

優れていると思います。

 

 

変化をすることを、日ごろの仕事に取り組んでいくには、

変化を楽しむ姿勢と、成長を感じさせる満足感が必要となります。

 

 

そのためには、今までの年功序列制度から新しい制度、若い社員の

モチベーションが上がる制度への移行が必要不可欠になります

 

 

ただ、今までのベテラン社員が不要と言っているわけではありません。

 

 

ベテラン社員と若手社員が切磋琢磨できる制度にすればいいだけです。

 

それが、成果主義なのか、役割成果なのか、答えはありませんが、

ただ言えることは、それぞれの企業風土に合った人事制度を導入しないと

 

運用がうまくついていけなくなります。

 

私の近くの人事メンバーを見ると、人事畑を歩んできた社員が多く

多機能を経験したことのない者もたくさんいます。

 

 

この逆風の時代を乗り切るには、今まで他部門を経験したことのない

人材が、この変化を乗り切るための、柔軟で、変化に強い組織を

つくれるわけがありません。

 

 

これからの人事は、国内外でさまざまな経験を積んだものが

人事の柱となり、会社を柔軟かつ大胆に変化をさせないと

成長はできないし、企業そのものが生き残れなくなります。

 

 

   就活秘書 よし太郎

 

 

 

 

コロナ時代、あなたはどのように変化しますか

f:id:yoshitarousyukatu:20210429012232j:plain

 

 

今まで、私たち会社員は、毎日電車に揺られ

通勤をし、朝礼を行い、皆で顔お合わせミーティング

を行うことがあたり前だった。

 

人と顔を合わせ、仕事をすることがあたりまえで

このスタンスが一生続くと思っていた。

 

 

しかし、新型コロナで世の中の流れは一変した。

 

 

 

朝起きたら、パソコンの電源を入れ、

WEB上でチームのメンバーに挨拶、そして打ち合わせ

 

そして営業活動もオンライン上での提案・折衝。

 

 

人と顔を合わせないことがあたりまえになった。

 

 

しかし、1年がたち、子の働き方に良い面や課題が

見えてきた。

 

 

良い点を挙げれば、通勤や訪問・出張から解放され

自由に使える時間が大幅に増えた。

 

それに自宅で食事がとれるため、家族と顔を合わせる

時間も増えた。

 

しかし、時間はたくさん増えているにも関わらず

仕事に対しての達成感、やりがいがあまり感じられない。

 

今までのように楽しくない。

 

 

やはり、直接人と会って、対面で行うことで、

顔の表情がよくわかり、気持ちも通じやすい

 

そして何より私たちの世代は、面識で顔をうって、

人間関係で、難しい仕事も無理にお願いしてきたからかも

しれない。

 

このように働き方が大きく変化していく中

毎日のように、企業倒産・廃業そしてリストラの声が

大きくなっている。

 

 

そして、今までは国から雇用調整金をもらい

何とか生き延びてきた企業もこの秋には、手を挙げる

企業も少なくないであろう。

 

そして、何とか黒字をキープした企業でさえ

働き方改革や事業再編・統合等で余剰人員が640万人

とも言われている

 

例を挙げてお話すると

ソニーは、日本企業で長年続いた「大卒一括採用」

「終身雇用」からいち早く抜け出し、

 

2015年にはコース別採用を取り入れ、社内の人事制度を

全面的に改定、社内の管理者比率を4割から2割に半減し

 

給与の年功序列制度を完全に廃止し、ジョブグレード制度を導入。

 

 

そして、2019年に新入社員にもジョブグレード制度を位置づけ

スキルにより、新卒でも処遇に格差がでる仕組みへと変えている。

 

 

そして、現在では、高度な能力を持つ人材を新卒でも

1000万円以上の給与で採用をしています。

 

 

その結果、ソニーは、2021年3月期 19.7%営業利益増と

半導体を除く、全ての事業で増収・増益を達成している。

 

 

このような前例からも、大手企業の人事制度は、この新型コロナ

の影響で、従来の終身雇用の崩壊、

 

そして、より専門性を重視した人事制度へ加速していくこと

考えられ、専門性の低い人や得意分野がない一般人は、

淘汰されていくでしょう。

 

 

いずれにしろ、どのようにこれからの人生生き延びていくか

特に40歳以上の管理職は、大変な時代が目の前まで来ていると

思う。

 

さあ、あなたはどのように生きていきますか。

 

 

  就活秘書 よし太郎

無料U-NEXTアニメ見て楽しんでます(1か月ずーと0円)

f:id:yoshitarousyukatu:20210508115012j:plain

 

 


最近、インターネットを検索すると

良く目につく 1か月無料 U-NEXTの広告

 

そこで、今日は、私が会員になって1か月になりますので

感想を書かせて頂きます。

 

 

UーNEXTは、見放題作品数NO1とうたっている定額制動画発信

サービス会社です。

 

サービス内容は。

 

・月額金:2189円(税込み)

・配信数:210000本

・動画も書籍もU-NEXTひとつでOK

・毎月1200ポイントがもらえてお得感あり

 

 

 

まずは、1か月使ってみてのメリットについてです。

 

・1か月間は無料で楽しむことが出来ます。(エロ映画が特に豊富)

 ※1か月以内に解約すればお金はかかりませんし

  解約も簡単。(ボタンを押すだけ)

 

・映画(洋画・邦画・アダルト)、アニメ、書籍(雑誌・まんが・書籍)まで

 幅が広い。

※特に私はアニメファンなので、アニメのコンテンツの豊富さと新規雑誌の

 出たときの記載スピードは特に気に入ってます。

 アニメの本数は、見放題だけでも3600本以上。

 また、雑紙の記載数は常に80冊以上と豊富・

 

・画像の画質が素晴らしい。

 BLU-ray並みの画像なので、大画面TVでみてもきれいにみることができます。

 

・ダウンロードして閲覧できます。

スマホタブレットにダウンロードして閲覧できるため、

電波の届かない地域や電車の中でも楽しむことができます。

私も、電車通勤のときいつも映画を楽しんでます。(超便利)

 

 

・ファミリーアカウントで4名までつないで閲覧することができます。

 無料の時点でも、アカウントが4つ作れ、家族で共有できるんです。

 これすごいですよね

 

 

・おまけに、UーNEXTでは、成人向け動画も一定額の中に入っているんです。

 それも、最新版アダルトが見放題それに、種類も豊富。

 実は、これ一番のお気に入りだったり。

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210508114931j:plain

 


 

では、次にデェメリットについてお話します。

 

 

・まずは、お値段。

 月額2189円(税込み)と金額だけみれば、高いような気がします。

 他のサービスでは、1000円以下のものもあり、割高感を感じます。

 

ただ、毎月1200のポイントが付与されるため、新規ものの映画や雑誌

(若干見放題でない商品)に使うことが出来ます。

 

・先ほど1か月無料というお話をしましたが、解約日1か月を過ぎてしまうと

 自動的にお金が発生するので注意が必要です。

 ただこれは、解約をすれば1か月間ずーと0円です。

 

 

 皆さんも、この5月の連休は、外出せず、楽しく、

 無料の映画鑑賞、書籍鑑賞を楽しんでみてはいかがですか。

                                              ⇓(無料登録3分)

 

 

ご参考にYouTube添付します。


www.youtube.com

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

会社選びを失敗しないための考え方

f:id:yoshitarousyukatu:20210429012342j:plain

おはようございます。

本日は、「会社選びを失敗しないための考え方」

と題してお話をさせて頂きます。

 

1つ目は、

 

有名企業に入りたい、年収をとにかく上げたい、こう考えている

方は多いとおもいます

 

 

でも、これだけで会社選びをして、失敗した友人や知人を

私は、幾度も見てきました。

 

有名な会社で、年収も良い、でも会社に入社してみると

・毎日、残業ばかりで、精神的・体力的につらい。

・職場は、仕事モンスターばかりで足の引っ張り合いばかり

 

 

など、表面からみる会社と働いてから知る会社とでは

まったくちがう場合があります。

 

 

会社というものは、いいことはしっかりとPRし

悪いことは、表にださない傾向にあります。

 

 

そこで、皆さんは、一度立ち止まり考えてみて下さい。

 

 

きっと皆さんは、大きな会社に入社すること

給料がたかいこと、が最終目的ではないと思います。

 

 

確かに有名企業で、給料が高ければ

世間に自慢が出来るし、いい暮らしもできるでしょう。

 

 

しかし、私なら、最終目標は、自分と家族が幸せに生活が

できること。

 

そのためには、どのような会社を選ぶのかを、時間をかけ

情報を取り、調査してから企業へ応募するでしょう。

 

 

いかに幸せに生きるかを最終目標にして。

 

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210417063934j:plain

2つ目は、

 

入社して1年~2年での退職は、極力避けることです

 

私の人事30年ほどやってますが、

採用するのに気を付けていることは、

 

勤続年数の短いこと

会社を何社も点々と転職している人

 

この2点には一番注意をしています。

 

 

理由としては、

 

・人間関係が苦手で、コミュニケーションがうまく取れない

・メンタル的に弱いのでは

・専門性が低い

 

このように見えてしまうからです。

 

日本の企業も、成果主義の人事制度の移行段階ではありますが

まだまだ、従来の年功序列、終身雇用の考え方は、大きな企業で

あればあるほど定着しており、転職=キャリアアップという企業は

まだまだ少ないと思います。

 

 

最低でも3年はその企業で得意分野を見つけ、身に着け

ながら、転職の準備を進めることをおすすめします。

 

 

3つ目は

 

新型コロナウイルス第四次感染拡大を受け、

21年秋あたりから、企業倒産、自己廃業のさらなる拡大、

 

各社事業再編が進み、不必要な人材が企業内であふれて出てきている

状態になってきています。

 

 

それを受け、黒字の企業でも本格的な早期退職制度を実施する

企業が増加することが予想されます。

 

 

まだ、皆さんはそのことには気づかれていないだけで

人事は、早期退職、リストラをいつのタイミングで行うかを

伺っているのです。

 

追加

 

そのための準備として、まず、気軽にできる

・転職エージェントへの登録(おすすめはDODA

・転職者用OB訪問プラットホーム(CREEDO 企業情報収集)

2つへの参加をお勧めします。

 

リストラに合ってからでは、気持ちがあせってしまし

いい転職が出来ないことが多いからです。

 

      就活秘書 よし太郎

 

 

 

www.yoshitaro.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就職活動でゾーンに入るには

f:id:yoshitarousyukatu:20210429012232j:plain

 

スポーツの世界に「ゾーン」に入るという言葉がある。

これは、力を出し切ることのできる状態のことを言う

 

それは、トップアスリートが実績を残すために重要なことだが

それは、就職活動中の学生にもあてはまるのではなかろうか

 

 

自身が希望する会社へ入社するためには、

日ごろから積み重ねてきた実績を、1時間足らずの時間に

企業の採用担当者にアピールをしなければならない。

 

 

そのためには、今まで人生で積み重ねてきた実績を今一度

棚卸をし、面接官にアピールできるよう日頃からの努力と

事前の準備が重要となる。

 

 

その上で、本番の面接の場で力を出し切る必要がある。

 

 

では、ゾーンに入るための面接の準備とは、何をすればいいのだろう。

 

・今までに頑張ったこと、失敗したこと

 

・自身の得意なこと、専門性はなにか

 

・自分の強み・弱み

 

・将来の目指していること(キャリアビジョン)

 

・入社後にチャレンジしてみたいこと

 

・この会社で働きたい想い(共感した理由)

 

このような内容を、今までの人生にあてはめ、棚卸をすることが

事前の準備となる。

 

f:id:yoshitarousyukatu:20210429012342j:plain

 

しかし、就職活動を行う上で最も必要なことは

 

困難を成し遂げる「粘り強さ」

 

失敗しても叩かれても立ち上がる「芯の強さ」

 

ときには、自説を貫く、「気の強さ」

 

 

 

そして、この3つの強さを包み上げる【優しさ】この要素が

揃った時、就活のゾーンに入ることができる

 

 

www.yoshitaro.net

 

         就活秘書 よし太郎

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村